KOTOBUKIYA's BLOD

寿屋商店 店長のブログです。

決意を新たにしても人は変われない!?人が変わるためのもっとも効果的な方法はこれ!

f:id:kotobukiya11:20160410182511j:plain

4月から新しい年度が始まりました。
1月に新年を迎え、今年の目標を立てた方も多いと思いますが、
すでに1年の4分の1が過ぎ、目標の達成度合いはいかがでしょうか。

計画通りに進んでいるという方もいれば、まだ何も手をつけることが
できてないという方もいらっしゃるかもしれません。
今年こそはと意気込んでみてもなかなか変わることができません。
多くの人が今の自分に満足できず、自分を変えたい、変わりたいと思っています。
ですが、なかなか実行に移せません。

そんな方が多い中、経営コンサルタント大前研一さんは、
人間が変わる方法について、下記のように述べてます。

人間が変わる方法は三つしかない。
一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、
三番目は付き合う人を変える。
この三つの要素でしか人間は変わらない。
もっとも無意味なことは「決意を新たにする」ことだ。
かつて決意して何か変わっただろうか。
行動を具体的に変えない限り、決意だけでは何も変わらない。 
「時間とムダの科学/大前研一・ほか著(プレジデント社)より」 

たしかに、新年の目標を立てるのって「決意を新たにする」だけで、
その日が過ぎればまたいつもと同じ毎日に戻ってしまいます。
そして、何も変わらず1年間が過ぎる、という繰り返し。

自分を変えたければ具体的に行動に移す必要があります。
また、上記の文章には続きがあります。

そして、時間、場所、友人の中でどれか一つだけ選ぶとしたら、
時間配分を変えることがもっとも効果的なのだ。 
(同上) 

なるほど。
住む場所、付き合う人を変えても今まで通りの時間配分で
同じ生活を送るだけではたしかに何も変わらないでしょう。
逆に言うと、住む場所を変えたり、付き合う人を変えなくても、
自分の時間の使い方を見直し、ものごとに取り組む時間配分を
変えることで、大きく変わることができるということです。

みなさんも参考にしてみてください。