KOTOBUKIYA's BLOD

寿屋商店 店長のブログです。

日本の人口減少問題を考える。毎日、ひとつの町が消えて無くなっていというくこと

過去に他媒体で書いた記事を2015年の備忘録として再掲。

安倍政権の「1億総活躍社会」や「新三本の矢」についてチェックした時、
その時にたまたま日本の人口のデータを目にしました。

それを見て思いました。
日本の人口の減り方ってヤバいなと。

【日本の将来人口推計】

内閣府のページから将来人口推移のデータを見てみましょう。

f:id:kotobukiya11:20160412231843g:plain

内閣府ホームページより抜粋「年齢区分別将来人口推計」)

このデータによると日本の人口は、
2015年時点で126,597,000人、2060年時点で86,737,000人。 
その差39,860,000人、45年で約4,000万人の減少です。

この減少は、
1 年にすると、39,860,000人÷45年=885,777人/年
1ヶ月あたり、885,777人÷12ヶ月=73,814人/月
1週間あたり、885,777人÷52週/年=17,034人/週
1日あたり、885,777人÷365日/年=2,426人/日
となります。

減少の推移は一定ではないので1日あたりの減少幅は時期によって異なりますが、
平均すると1年あたり88万人、1日あたり2,426人もの減少ということです。

【1年で88万人の人口が減るとは?】 

いまいち想像しにくいのでこれを日本の市町村の人口と比較してみます。

東京都世田谷区の法定人口は878,056人、
大阪市堺区の法定人口は842,134人です。

毎年88万の人口が減るということのイメージがわかなくても、
世田谷区や堺市規模の街が1年で一つなくなってしまうと考えたらどうでしょうか?


東京都清瀬市は法定人口74,088人なので1ヶ月ちょっとで、
山梨県甲州市は法定人口33,947人なので約2週間で消えて無くなりますね。

また、国内には人口2,000〜3,000人程度の町や村が多数あります。
1日あたり2,426人減少を、それらの町や村の人が
1日で消えてしまうと考えたらどうでしょうか?

毎日、2,400人ちょっとの人口の村が一つずつ消えていくとしたら。
ゾッとしませんか?

■参考(Wikipedia):日本の市の人口順位日本の町の人口順位日本の村の人口順位

【要するに......】

日本の人口減少というのはそういうレベルの問題なんです。
そんななかで経済成長とかいってるんですね。
どう考えても大量に移民を受け入れるか、
経済衰退を前提とした施策を考えなければならないレベルではないでしょうか。

人口の減少だけでなく、人口構成(高齢化率)もやばいんですが、
それはまた別の機会に。

これを機に自分自身もいろいろと調べて考えてみようと思います。