読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトブキ屋の毎度あり日記

コトブキ屋店長です。毎度ありがとうございます。

ビールが美味しい天王洲アイルの運河沿いにあるブルワリーレストラン「T.Y.HARBOR」

暖かくなってくると美味いビールが飲みたくなりますね。

そこで今回行ったお店が、天王洲アイル駅にある「T.Y.HARBOR 」。
運河沿いにあって良い雰囲気。デートにも良さそうなお店です。

食べログの紹介文はこんな感じ↓

品川・天王洲アイル運河沿いにあるブルワリーレストラン
東京唯一のロケーションを誇る運河沿いに建つレストラン。オススメは何といっても敷地内で職人が造るクラフトビールです。倉庫をリノベーションした天井高17mの開放感溢れる店内と水辺のテラス席はアメリカ西海岸そのもの。テラスを含め300席以上の大型店ですが、1997年のオープン以来クラフトビールとモダンアメリカン料理を楽しめるお店として遠方からのお客様や外国人も多く訪れる現在でも人気の場所です。入口には醸造所の見えるBar(バー)も併設されていますが、敷地内には焼き立て自家製パンのベーカリーカフェ「breadworks」、食後の一杯に最適な水上ラウンジ「RIVER LOUNGE」と朝から深夜まで過ごせる空間が展開されています。家族や友人との利用からデート、ビジネスまでどんなシーンにも対応できる飲食空間をプロデュースするT.Y.EXPRESSの旗艦店

今回は、テラス席で飲みたいと思ったんですが、
まだ夜は肌寒いのでランチタイムに行ってきました。
平日はわかりませんが、週末は予約した方が良さそうです。 

f:id:kotobukiya11:20150429172034j:plain

外観。橋の反対側から。
良い天気。

f:id:kotobukiya11:20150429171920j:plain

外観。橋の上から。
オシャレですね。。

ちなみに、ブルワリー(brewery)ってのはビールの醸造所の事ことです。
ブルワリー(ブルーワリー、ブリュワリーとも、英語:brewery)とは、ビールなどを醸造する場所をいう。英語圏では日本酒の醸造所、酒造場もブルワリーと呼ばれる。日本の大手ビール会社の場合はその規模からビール工場と呼ばれることが多い。(Wikipediaより)

当然ビールを注文。
まずは季節のビール。

f:id:kotobukiya11:20150429174046j:plain

メチャ美味い。

そして、テラス席からの眺めもステキです。
種類たくさんあるけど全部飲んでみたいなぁと思ってたんですが、
どうやらテイスティングセットがあるってことに
他のテーブルをみてたら気づき早速注文。

f:id:kotobukiya11:20150429180643j:plain

スモールサイズが4種類。
どれも美味い。

追加で何杯か飲んで......
飲んでばかりで食事の写真を撮ってませんでした。。

料理は食べログ参照!
http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131404/13004775/

ランチタイムでは少し遅めの時間に入ったので、
お店を出るときには日が暮れていました。
お店とお店の脇にある橋がライトアップされていて、とても綺麗です。

f:id:kotobukiya11:20150429193903j:plain

f:id:kotobukiya11:20150429193856j:plain

ディナータイムにもまた来たいですね。

ちなみにこちらのお店ですが、週刊金融日記という
ブログ(メルマガ)で紹介されています。
この週刊金融日記は、金融日記といいつつ、主なコンテンツは
「恋愛工学」(ざっくりいうと女にモテるためのテクニック)というもので、
そのなかで女性をデートに連れていくのにオススメお店として紹介されています。

若干アクセスが微妙ですが、たしかにこの店の雰囲気は◎です。

僕はメルマガは購読してませんが、実はこのコンテンツを
Web小説化したものをcakesというサイトで読みました。
かなり面白かったですよ。

「ぼくは愛を証明しようと思う」著者:藤沢数希
https://cakes.mu/series/3174

ぼくは愛を証明しようと思う。
恋人に捨てられ、気になる女性には見向きもされず、非モテな人生をおくる主人公のわたなべ。ある日、恋愛工学と出会い、彼の人生は大きく動き出す……。
ファイナンス、経済学、エネルギー政策に関する著作をもち、リスク・マネジメントの技法を恋愛に応用した『恋愛工学』の第一人者、藤沢数希さんが描く純愛小説「ぼくは愛を証明しようと思う。」の連載がスタート!
主人公わたなべくんの非モテ→モテへの変貌ぶりが凄すぎます......
恋愛工学については賛否両論あるようですが、
これは世の中の男性は読んだ方が良いですよ。

てか「ぼくは愛を証明しようと思う」は既に書籍化されてますね。

女性からは批判されそうな内容ですが、読み物としても普通に楽しめます。
興味がある方は読んでみてください。