コトブキ屋の毎度あり日記

コトブキ屋店長です。毎度ありがとうございます。

ロジックツリーとかMECEとか問題解決スキルが必要なのはわかった!で、身につけるにはどうすれば良いの?という人が読むべき3冊

f:id:kotobukiya11:20160424020135j:plainビジネスを行う上ではさまざまな問題にぶつかります。
ビジネスだけでなく商売や友人・夫婦・恋人などの人間関係、
経済的な問題もあるかもしれません。

書店に行けばたくさんの問題解決に関する書籍がならんでいますが、
「いっぱいありすぎてどれを読めばいいかわからないっ!」という人
のために問題解決スキルを学ぶためのオススメの3冊を紹介します。

【問題解決スキルを学ぶために必読の3冊】

まずこの本。
■問題解決プロフェッショナル―思考と技術/齋藤 嘉則・著(ダイヤモンド社

問題解決といえばこの本、といっても過言ではありません。

第1章の「思考編」では「ゼロベース思考」と「仮説思考」という
問題解決にあたっての基本的思考を、
第2章の「技術編」では「MECE」と「ロジックツリー」という
問題解決のための基本スキル(フレームワーク)について書かれています。

MECEというのはMutually Exclusive and Collectively Exhaustiveの略で、
「それぞれが重複することなく、全体集合としてはモレがない」という意味です。

要は「モレなしかつダブりなし」ということ。

ロジックツリーはMECEの考え方に基づいて主要課題の原因や解決策を
ツリー状に論理的に分解・整理する方法です。

問題解決においてはこの2つのスキルは必須ですね。

第3章は「プロセス編」としてソリューション・システムの説明、
第4章が「実践編」となっていますが、
まずはMECEとロジックツリーというスキルを知って、
自分なりに具体的な問題解決が必要な状況をあてはめて、
手と頭を動かしてみることが大事でしょう。

読むべき3冊と書きましたが、この本はかなり良書なので、
この本だけで読んで他は読まなくても問題はありません。

「問題解決プロフェッショナル」はハードカバーの教科書的な内容なので、
「ちょっととっつきにくいなぁ〜」というかたは以下の2冊がオススメです。

■世界一やさしい問題解決の授業/渡辺健介・著(ダイヤモンド社

この本は名前の通りかなりやさしい内容です。
著者がかつて働いていた、経営コンサルティング会社のマッキンゼー
活用されていた思考法を基にして中学生向けに書かれています。

考える道具として「分解の木」というものが紹介されていますが、
これは「ロジックツリー」と「MECE」の考え方を言いかえたものです。

問題解決の流れをストーリーにそって学べます。

3冊目は、上記「世界一やさしい問題解決の授業」第2弾。

■自分の答えのつくりかた/渡辺健介著(ダイヤモンド社

「インディペンデント・マインド(=幅広い視野、教養、経験に基づいて
築きあげられた自立した考えと価値観)」とは何か、また、そこへ
どうやってたどり着くかが主題となった自己啓発書的な内容になっています。

こちらもストーリー仕立てで読みやすいですね。

第1章では「評価軸×評価シート」を使った日常生活における個人の問題解決について、
第2章では「ピラミッド・ストラクチャー」など、
意思決定の礎となる人間的な土台作りについて、
第3章では、いかに集団の問題解決を行っていくか、という構成です。


あまり読書が得意でない人は「世界一やさしい問題解決の授業」
→「自分の答えのつくりかた」→「問題解決プロフェッショナル」
という順番で読んだ方が理解しやすいでしょう。

文章を読むことに慣れている人であれば
「問題解決プロフェッショナル」 だけ十分です。

読んでみて読みづらいと感じれば、他の2冊も読んでみてください。


そういえば、上記3冊とも著者はマッキンゼー出身。
問題解決といえばマッキンゼーといっても良いかもしませんね。


【まずは身近な問題で実践しましょう!】

f:id:kotobukiya11:20160424021127j:plainビジネス上の問題解決だけでなく、個人的なことや家族とのことでも
解決すべき問題は探せばいっぱいころがっています。
これらの本を読んだら読むだけで終わらずに実践してみましょう。
問題解決のスキルはその他の多くのスキルと同じように訓練によって
身につけることができるものです。

僕は「どうやったら筋肉をつけられるか(なぜ筋肉がつかないのか)?」
という問題(悩み)とその解決方法をロジックツリーで書き出してみました。

やってみると問題が明確になり、問題解決のために何をすべきかも明確になります。

問題とその解決方法がわかればあとは実行するだけです。
(実行する意思力の有無はここでは言及しないでおきます)

問題解決は一度考え方の基礎を身につければ、様々なことに応用できます。
ぜひ、これらの本を読んで問題解決スキルを身につけましょう!