読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトブキ屋の毎度あり日記

コトブキ屋店長です。毎度ありがとうございます。

【本】お金がないと叶わない夢は誰かがしてくれるサービスにすぎない/「思うは招く」「NASAより宇宙に近い町工場」・植松努 著

この動画のおじさん知っていますか?
見た目は本当にただの人のいいおじさんなんですが、話している姿も人のいいおじさんです 笑。ただ、スピーチの中身は秀逸。
内容は「思いは招く」ということについて。
 

Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo

〈植松努さんとは?〉

北海道赤平市にある植松電機という会社の経営者である植松努さん。植松電機は社員数十数名の小さな会社で、リサイクルに使うマグネットという機械を作っている会社です。そして、その傍らでロケットを作っているのです。また、世界で3台しかなく、日本では唯一の無重力状態を作る実験装置も持っているそうです。

〈人は何のために勉強するのか?〉

植松さんが子供のころ飛行機やロケット、宇宙開発の仕事に就きたいと思った時に学校の先生は「そんなのは無理だ」と否定します。その時のことを植松さんはこう話します。

安定していて楽をしてお金をもらえるのがいい会社だと言われました。僕は納得できませんでした。なぜならば勉強をすればするほど能力が身につくはずです。ところがせっかく身につけたはずのその能力をなるべく使わないで楽をするために勉強をするんだ、って言われたんです。

なんのために勉強するのか。安定している会社に入るためでしょうか?人の価値観はそれぞれなので、安定を目指すことを否定はしませんが、その価値観を持つ人が、人のチャレンジを否定してはならないと思います。

やったこともない人間が挑戦する人間を否定します。否定する方は悪気はなく親切心で言っているのかもしれません。僕は、自分はやったこともないのに人の夢を否定する人間にはなりたくありません。ただ自分の価値観に従って気づかないうちに否定をして
しまうこともあるかもしれません。そうならないようにこの動画を何度も見直して、このことを忘れないようにしたいですね。

〈お金が必要な夢は、誰かがしてくれるサービスにすぎない〉

植松さんは夢についてこう話しています。

「お金が必要な夢・お金がないと無理な夢は、誰かがしてくれるサービスにすぎません」

・「自分ができないと してもらうしかない=お金がかかる」
・反対に「自分ができると してあげられる=仕事になる」
・人間が生きていく上で大事なことは「できなかったことができるようになることかもしれない」
・だから「今できないことを追いかけるのが夢じゃないの?」という自分の考えは正しいかもしれない

自分の夢はどうでしょうか?
夢を持っている人は「その夢はお金を持っていたら受けることができるサービスなのか?」と自分自身に問いかけてみましょう。

もし自分の夢がお金があれば誰かにしてもらえるサービスだとしたら、もう一度自分の夢を見直すべきかもしれません。

〈「どーせ無理」を「だったらこうしてみたら?」に〉

植松さんは動画のなかで「どうせ無理」という言葉の恐ろしさを伝えています。

「どうせ無理」という言葉は人の自信と可能性を奪う最悪な言葉です。でもとても簡単な言葉です。自信を奪われた人は人の自信も奪う言動を行います。だから「どうせ無理」という言葉をなくせば、この社会はもっとよくなると植松さんは考えたのです。

植松さんはこう言います。
もし「どうせ無理」という言葉に出会ってしまったら、それを「だったらこうしてみたら?」という言葉に変えてみてください、と。「だったらこうしてみたら?」で夢は叶うんですと。

植松電機のホームページにも『「どうせ無理」を「だったらこうしてみたら?」に』と記載されています。

「どうせ無理」を「だったらこうしてみたら?」に。
「どうせ無理」という言葉は、人の可能性を奪います。興味を持たなくなり、やる前に諦め、考えなくなってしまいます。「だったらこうしてみたら?」という言葉は、人の可能性を広げます。やったことが無いことに挑戦し、あきらめず、より良くを求めるようになります。植松電機は自らが思い描き挑戦していくことと、宇宙開発を通して子供達に夢を持つ勇気と自信を持ってもらうことで、人の可能性が奪われない、より良くを求める社会を目指します。
植松電機ホームページ http://uematsudenki.com/UE1/HOME.html

〈おばあちゃんの言葉〉

他にも印象的な言葉が沢山あります。自分の周りの仲間に伝えたい内容がいっぱいです。植松さんのおばあちゃんの教えもよいですね。

「お金は値打ちが変わってしまうもんだよ。だから、お金があったら貯金なんかしないで本を買いなさい。頭に入れなさい。それは誰にも取られないし、新しいことを生み出すんだよ」
(植松さんのおばあちゃんの言葉)

何度みても心に響く、オススメのスピーチです。

 

心に響くオススメの本です。よろしければ読んでみてください。