読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトブキ屋の毎度あり日記

コトブキ屋店長です。毎度ありがとうございます。

【本】自己啓発書を何冊も読んでも意味はない。まずはガネーシャの課題を実践してみよう/「夢をかなえるゾウ」

f:id:kotobukiya11:20170212210325j:plain

今更ですが「夢をかなえるゾウ」を読んでみました。 

こちらの本を初めて読んだのは実は出版してすぐの頃。オーストラリアのシドニーを旅行中に現地の紀伊国屋書店に置いてあるのを発見して立ち読みしました。当時はワーキングホリデーでオーストラリアに滞在していて、帰国する前にオーストラリアをほぼ一周するラウンドトリップをしていました。旅も終盤になって、帰国したらどうしようかと悶々と考えていた気がします。そんなときに手に取って、読んでけっこう衝撃を受けた記憶がありました。が、しばらく読んだことを忘れていました。

ということで今回は再読。

といっても最初に読んだのはもう何年も前なので内容は新鮮に楽しめました。こちらの本で出てくるガネーシャの教えは全部で29個ありますが、本書でも言及されているように、これらはどれもすでに様々な自己啓発書やビジネス書で「誰かが言っていること」です。大切なのは「課題を実行に移すこと」です。

自己啓発書を読むのが好きな人が陥りがちなのが、読んだだけでなんとなくモチベーションが上がるものの、本に書かれている内容を実行に移すことなく、しばらくしたらまた別の本を読む、という繰り返し。

それって意味ないですよね。

 

...ということで、本書の課題を早速実践してみます。
ちなみに課題は以下の通り。

ガネーシャの課題〉
1 靴を磨く
2 コンビニでお釣りを募金する
3 食事を腹八分におさえる
4 人が欲しがっているものを先取りする
5 会った人を笑わせる
6 トイレ掃除をする
7 まっすぐ帰宅する
8 その日頑張れた自分をホメる
9 一日何かをやめてみる
10 決めたことを続けるための環境を作る
11 毎朝、全身鏡を見て身なりを整える
12 自分が一番得意なことを人に聞く
13 自分の苦手なことを人に聞く
14 夢を楽しく想像する
15 運が良いと口に出して言う
16 ただでもらう
17 明日の準備をする
18 身近にいる一番大事な人を喜ばせる
19 誰か一人のいいところを見つけてホメる
20 人の長所を盗む
21 求人情報誌を見る
22 お参りに行く
23 人気店に入り、人気の理由を観察する
24 プレゼントをして驚かせる
25 やらずに後悔している事を今日から始める
26 サービスとして夢を語る
27 人の成功をサポートする
28 応募する
29 毎日、感謝する

まずは課題1の「靴を磨く」から。

靴磨きセットはあるんですが、けっこうサボりがちになる靴磨き。
たしかに靴が汚い人って仕事できなそうだしだらしなく見えます。
スーツが戦闘服のビジネスマンにとって靴をキレイに磨くことは必須。

ということでブログ記載途中ですが、ちょっと中断して磨いてきます。

・・・

・・・

・・・

はいっ、靴磨き完了!

f:id:kotobukiya11:20170212211022j:plain

一日一つずつ、と思いましたが、ついでに、課題6「トイレを掃除する」もやってきました。

f:id:kotobukiya11:20170212211118j:plain 

どちらもピカピカです。
面倒だけどやったあとの気分はいいんですよね、靴もトイレも。

ということで課題1と6が完了。
完了といっても定期的にやる必要がありますので、習慣化が必要です。

次の、課題2「コンビニでお釣りを募金する」は、最近もっぱら電子マネー利用であまりお釣りが出ないので、コンビニ以外での募金を考える必要あり、ということでいったんパス。

課題3「食事を腹八分におさえる」も現在は筋トレ&ウェイトアップを目指しているのでパス。

ということで次の課題は、課題4「人が欲しがっているものを先取りする」です。

「ざっくり言うとな、稼ぎいうんは、どれだけ他人の欲を満たせとるか、それが数字にそのまま表れとるんや。腹が減った、眠い、遊びたい、気持ちよくなりたい… 人にはそういう欲があるわな。その欲を快適に満たして、その対価としてお金をもらうんが今の世の中では『ビジネス』て呼ばれてんねや」
「つまり、こういうことが言えるわな。『ビジネスの得意なやつは、人の欲を満たすことが得意なやつ』てな。人にはどんな欲があって、何を望んでいるか、そのことが見抜けるやつ、世の中の人たちが何を求めているかが分かるやつは、事業始めてもうまくいく。上司の欲がわかっているやつはそれだけ早く出世する。せやろ?」 P62

うーん、できたかできてないかの判断が難しそうですが、仕事仲間相手にやってみようと思います。「人の欲を満たす」っていうのは、商売人としては自然にできるようになりたいところです。

とにかく実行あるのみ、ですね。

こちらの本はシリーズで1〜3まで発売中ですので、2,3も興味がある方は読んでみてください。

といっても、2,3を読む前に1の課題を実践してくださいね!